六甲の内科・血液内科 訪問診療の赤坂クリニック・スナメリ訪問看護ステーションです。内科・血液内科の症状、往診、在宅医療はご相談ください。阪急六甲駅徒歩4分。

内科、血液・腫瘍内科 赤坂クリニック(在宅療養支援診療所)

TEL 078-842-3303
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-15
六甲アトリエハウス 1階 阪急六甲駅徒歩4分
[ 内科・血液内科・腫瘍内科・往診・訪問診療 ]
ブログ
HOME > ブログ > 脂質異常症~薬や原因・治療法・食事などについて~

脂質異常症~薬や原因・治療法・食事などについて~

2019/04/01

神戸・六甲で開院している在宅医療・一般内科・血液内科の赤坂クリニック/スナメリ訪問看護ステーションです。2007年より高脂血症と高コレステロール血症は脂質異常症と呼ばれるようになりました。

脂質異常症は血液中の脂質が増え動脈硬化を引き起こすと、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高くなると言われています。

今回は脂質異常症の薬や原因・治療法・食事などについてお話します。

脂質異常症の診断基準

空腹時の血清中濃度で、以下のうち1つがあてまはると脂質異常症と診断されます。

  • 高コレステロール血症:LDL(悪玉)コレステロールが140 mg/dL以上
  • 低コレステロール血症:HDL(善玉)コレステロールが40 mg/dL未満
  • 高トリグリセライド血症:中性脂肪が150 mg/dL以上

コレステロールと中性脂肪の働き

  • LDLコレステロール:血液中でコレステロールを肝臓から末梢組織に運んでいます。多すぎると動脈硬化を引き起こすため、悪玉コレステロールと呼ばれています。
  • HDLコレステロール:血液中の余分なコレステロールを肝臓へ戻し、動脈硬化を進行させない働きをするので、善玉コレステロールと呼ばれています。
  • 中性脂肪:糖質の不足を補い、身体を動かすエネルギー源となります。皮下脂肪となって体温を保持し、内臓を衝撃から守る働きもあります。しかし、多くなりすぎると肥満や脂肪肝を来たし、動脈硬化を引き起こすもとになります。

脂質異常症の原因は?

  • 原因の80%は、高カロリーや高脂肪の食事、運動不足などの生活習慣病といわれています。
  • 家族性高コレステロール血症:若い時から心臓の血管に動脈硬化を起こす遺伝性の疾患です。家族が脂質異常症であったり、若年で冠動脈疾患と診断されている場合には、できるだけ早く診断し、薬物療法でLDLコレステロールを低下させる必要があります。

脂質異常症は特に症状がなく、症状がないうちに動脈硬化を引き起こし、次第に血管の内側が狭くなり、詰まった場合には心筋梗塞や脳梗塞を発症することがあります。

脂質異常症にならないためには、日ごろから生活習慣に気を付け、定期的に健康診断を受けましょう。


内科、血液・腫瘍内科
赤坂クリニックについて(在宅療養支援診療所)

診療科目:
内科・血液内科・腫瘍内科・往診・訪問診療

住所:〒657-0064
神戸市灘区山田町3-1-15 六甲アトリエハウス 1階(阪急六甲駅徒歩4分)

赤坂クリニック
診療時間:
診療
時間
9:00~
12:00
午後
外来診療は予約制となります。(初診の方含む)
  • ※ 午後は往診・訪問診療のみとなります。
初めての方はまずお電話でお問い合わせ下さい。
詳しいアクセスはコチラ
詳しいアクセスはコチラ
赤坂クリニック併設スナメリ訪問看護ステーションご案内
訪問診療・往診について
高濃度ビタミンC点滴

赤坂クリニックについて

住所:〒657-0064
神戸市灘区山田町3-1-15
六甲アトリエハウス1階

最寄駅: 阪急六甲駅徒歩4分

診療科目:
内科・血液内科・腫瘍内科
往診・訪問診療(在宅療養支援診療所)

診療時間:
                         
診療
時間
9:00~
12:00
午後
外来診療は予約制となります。
(初診の方含む)
  • ※ 午後は往診・訪問診療のみとなります。
初めての方はまずお電話でお問い合わせ下さい。
スタッフ募集
↑