六甲の内科・血液内科 訪問診療の赤坂クリニック・スナメリ訪問看護ステーションです。内科・血液内科の症状、往診、在宅医療はご相談ください。阪急六甲駅徒歩4分。

内科、血液・腫瘍内科 赤坂クリニック(在宅療養支援診療所)

TEL 078-842-3303
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-15
六甲アトリエハウス 1階 阪急六甲駅徒歩4分
[ 内科・血液内科・腫瘍内科・往診・訪問診療 ]
呼吸器内科の症状
HOME > 呼吸器内科の症状

呼吸器内科の症状

気管支喘息

気管支喘息の症状

気管支喘息とは、何らかの原因(アレルギーなど)で空気の通り道である気管支が狭くなり、呼吸が苦しくなったり喘鳴(ゼーゼーいう)や咳を何度も繰り返す病気です。

咳喘息とは、主に風邪や気管支炎を患った後にいつまでも咳が続く気管支の病気です。ただし気管支喘息の様な喘鳴や呼吸困難という症状がないのも特徴のひとつです。

気管支喘息の治療

喘息の発作を抑える対症療法は薬剤が中心になります。この治療では基本的に気管支拡張剤という気管を広げて呼吸をしやすくする薬や咳止め、去痰剤という端を取り除く薬を使用します。また重度の症状には副腎皮質ステロイド系の薬剤を使います。

気管支炎

気管支炎の症状

気管支とは、気管から肺へ左右に枝分かれした部分です。ここがウイルスや細菌によって炎症を起こした状態が気管支炎です。

ここで説明するのは急性気管支炎ですが、喫煙や大気汚染などが原因の慢性気管支炎という病気もあります。「上気道炎」の一症状とも捉えられ、ほとんどはウイルス感染、細菌感染で起こります。下気道の感染炎症で気道粘膜(きどうねんまく)が腫れ、分泌液が増加するため、痰(たん)がでたり、咳(せき)や発熱があらわれます。

気管支炎の治療

肺炎を起こしていないことを確認し、肺炎がなければ、風邪、気管支炎の治療に入ります。

ウイルス感染の場合は、抗生物質が効かないため、解熱剤、消炎鎮痛剤などによる対症療法が中心です。ただし、インフルエンザを発症し気管支症状が出ている場合には、抗ウイルス薬が投与されるでしょう。

乾いた咳の場合は、咳止め薬が有効ですが、痰を伴いはじめたら、咳によって痰を外に出さないといけないため、咳止め薬は逆効果になることもあります。痰を出しやすくする薬が投与されます。細菌感染の場合は,抗生剤を併用することもあります。

肺炎

肺炎の症状

肺炎は細菌やウイルスが原因で肺が炎症を起こす病気です。
肺炎は初期段階ではかぜと似たような症状が出ますが、以下のような症状がでるようであれば肺炎の可能性も考えられますので、医療機関を受診することをお勧めします。

  • 高熱(38度以上)が続く
  • 激しい咳が続く
  • タンが透明ではなく、黄色や緑色になってきた
  • すぐ息が切れる・息苦しくて夜寝づらい
  • 呼吸や脈拍が激しいと感じる
  • 咳をした時に胸に痛みを感じる

これらが出たからといって必ずしも肺炎と断定することは出来ませんが、症状が治まらず、かえって強くなっていると感じる場合は注意が必要です。

肺炎の治療

症状が軽い場合は自宅で安静した上で治療することで、1週間前後で治ります。治療には抗菌薬、咳止め、解熱剤などの薬が処方されます。肺炎となった原因を特定すれば、それに合った薬を使うことができますが、特定するまでには時間がかかりますので、通常は2種類の抗菌薬を用いて治療にあたります。

こうすることにより、原因が分かる前でも全ての菌に適応できるのです。肺炎の症状が重い場合は入院治療(通常は2~3週間)が必要になります。

扁桃腺炎

扁桃腺炎の症状

扁桃に細菌が感染し、炎症がおこるものです。健康な時は菌があっても、抵抗力があるので感染しませんが、風邪をひいたり、過労で抵抗力が落ちると、免疫の力が低下し炎症をおこします。原因となる菌は溶連菌(ようれんきん)、黄色ブドウ球菌、肺炎球菌などで、39~40℃の高熱、悪寒、食べ物を飲み込むと痛い、扁桃の発赤と腫れなどがあらわれます。

また、炎症が広がると扁桃周囲炎を起こしたり、繰り返すと慢性扁桃をおこします。

扁桃腺炎の治療

扁桃腺炎の治療方法は、抗生物質や解熱剤・鎮痛剤を使用して治療していきます。また日常生活では水分をこまめに取り、疲れやストレスなどで免疫力が下がらないよう注意しましょう。

いびき・睡眠時無呼吸症候群

いびき・SASについて

睡眠中に重力で舌が落ちたために、鼻の奥の「気道」とつながってる部分がふさがってしまいます。その状態で無理やり息をするため、「気道」の周りの柔らかい部分が空気で振動して音がでるのがいびき症状です。

いびきの原因として、

  • 口呼吸
  • 太りすぎやアゴの骨格が小さい
  • 疲労・ストレス
  • 飲酒、老化、薬物などによって、筋肉がゆるんでいる
  • 鼻やノドの病気や炎症

などが挙げられます。

いびき自体は病気とは言えませんが、呼吸が何度も止まる「睡眠時無呼吸症候群」の場合は、昼間の強い眠気の原因になったり、心筋梗塞や脳卒中などにつながることもあり、治療が必要です。

いびき・SASの治療

いびきを治療する場合、まずは原因を特定することが第一になります。原因を特定した後に、それに応じて、鼻や咽喉の治療をはじめとして、総合的な治療をおこなっていくことになります。

また、手術が必要な場合は、別途の治療が必要になりますので、専門医をご紹介いたします。

いびきは、身体的な要因もありますが、日常の生活習慣も大きく影響する症状ですので、何よりも生活習慣の改善が重要となります。

内科、血液・腫瘍内科
赤坂クリニックについて(在宅療養支援診療所)

診療科目:
内科・血液内科・腫瘍内科・往診・訪問診療

住所:〒657-0064
神戸市灘区山田町3-1-15 六甲アトリエハウス 1階(阪急六甲駅徒歩4分)

赤坂クリニック
診療時間:
診療
時間
9:00~
12:00
午後
外来診療は予約制となります。(初診の方含む)
  • ※ 午後は往診・訪問診療のみとなります。
初めての方はまずお電話でお問い合わせ下さい。
詳しいアクセスはコチラ
詳しいアクセスはコチラ
赤坂クリニック併設スナメリ訪問看護ステーションご案内
訪問診療・往診について
高濃度ビタミンC点滴

赤坂クリニックについて

住所:〒657-0064
神戸市灘区山田町3-1-15
六甲アトリエハウス1階

最寄駅: 阪急六甲駅徒歩4分

診療科目:
内科・血液内科・腫瘍内科
往診・訪問診療(在宅療養支援診療所)

診療時間:
診療
時間
9:00~
12:00
午後
外来診療は予約制となります。
(初診の方含む)
  • ※ 午後は往診・訪問診療のみとなります。
初めての方はまずお電話でお問い合わせ下さい。
スタッフ募集
↑